>

靴入れや鉢植えを作ってみよう

靴を縦に収納するコツ

縦に入れることで、狭いスペースでもたくさんの靴を収納できるようになります。
しかしそのままでは、靴は縦に置くとすぐ倒れてしまいます。
そこで、ペットボトルを使ってください。
小さなペットボトルでは靴を左右入れられないので、2リットルぐらいの大きなペットボトルを使います。

半分ほどの大きさに切って、下半分に靴を入れましょう。
後は普通に、靴棚に入れるだけです。
見た目がスッキリするので、飲み終わったペットボトルを再利用して作ってください。
簡単に作れる面がメリットですね。
親子で工作しても良いと思います。
子供に、自分の靴を収納する箱を作らせてください。
ハサミやカッターを使わせる場合は十分注意しましょう。
子供だけで作らせないでください。

ガーデニングが好きな人

ペットボトルを使うことで、植木鉢が作れます。
半分に切ったら、上の部分を逆さにして下半分の中に入れてください。
後は普通の植木鉢のように土を入れて、植物を育ててください。
ペットボトルの上半分を入れることで、水が流れて行きます。
土の中に水が溜まる心配はないので、根腐れすることもありません。

小さな植木鉢を作って、玄関に飾るのがおすすめです。
花があれば、玄関が明るく癒しの空間になります。
玄関がオシャレだと、お客さんが来た時にセンスの良い人だと思われるかもしれません。
リビングなど、家族がゆったり過ごす空間に飾ることで疲れやストレスを解消できます。
わざわざ植木鉢を買わなくても、ペットボトルで代用できると覚えておきましょう。


この記事をシェアする